トップ  >  ★倒産会社事例  >   ◆上場企業  >  中道機械

 

中道機械株式会社(なかみちきかい)

 

 

本社:北海道札幌市中央区
業務内容:土木建設機械や産業施設設備の販売、賃貸、製造などの総合商社
1963年 中道機械製作所として設立
2009年2月5日民事再生法の申請となり事実上倒産。
負債は、76億5,400万円
札幌証券取引所 2009年3月6日上場廃止となる。

 

土木建設機械の販売から始まり、修理やアフターサービスなどのメンテナンスその他のサービス業にも手がけてきた。
生コンクリートプラントの自社製作にも積極的に取り掛かる。北海道の公共事業の波に乗り、日本の高度経済成長期に着実な成長を遂げてきた。北海道各地に支店を展開する。排水処理プラントなど建設関連プラント、立体駐車場などの施設の設計・製作・販売の分野にも進出する。建設機械レンタルにも、積極的に参入する。青森、秋田、仙台、山形、東京にも支店を構える。
バブル崩壊後も、しばらくは着実な事業展開であったが、公共事業の削減に伴い、1997年1月期売上高321億円計上をピークとして業績にかげりが出てくる。

2002年1月期、2003年1月期には、純損失を計上する。

2003年1月期には、3年ぶりに純利益を計上するが、売上高は135億円となり、1997年1月期の半分を下回る。

2004年1月期の売上高は、90億2600円で、ピーク時の30%以下に落ち込む。人員削減や不動産売却などで、事態の打開を図る。
2005年1月期に、また純損失を計上する。同年7月14日に、中道リースとの合併が内定したが、同年8月29日に合併が白紙撤回となる。

2006年1月期も、純損失を計上する。

2007年1月期に、3年ぶりに純利益を計上

2008年1月期に、また純損失を計上する。

2008年2月12日、監査法人の監査前日、札幌工場の経理担当の課長の自らの申し出より、不正経理が発覚する。本来費用とすべきところを、資産の部の仕掛品として、合計3億7000万円の架空利益計上とした。

札幌証券取引所は、これを重視し、2008年3月13日に、中道機械の株式を監理ポストに振り分けるが、7月28日に一旦解除とする。しかし、対外信用は失墜した。

2009年2月5日、民事再生法の申請となり事実上倒産、負債は76億5,400万円。

 

 

 

 

Q&A100 取引先の倒産対応マニュアル
阿部 信一郎

関連商品
法律オンチが会社を滅ぼす
事実認定の手法に学ぶ 荘司雅彦の法的仮説力養成講座
法律文書作成の基本  Legal Reasoning and Legal Writing
会社法 第2版 (LEGAL QUEST)
破産法・民事再生法 第2版

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:84 平均点:5.00
前
2013年 上場企業の倒産リスト
カテゴリートップ
 ◆上場企業
次
中小企業信用機構

NEW BOOK


JAL再生―高収益企業への転換 JAL再生
―高収益企業への転換

引頭 麻実

日本経済新聞出版社  2013-01-26
売り上げランキング : 1127

Amazonで詳しく見る

経営は何をすべきか 経営は何をすべきか
ゲイリー・ハメル 有賀 裕子

ダイヤモンド社  2013-02-22
売り上げランキング : 2154

Amazonで詳しく見る

コンテンツ

TOP
★倒産法の基礎
★倒産会社事例
 ◆上場企業
 ◆全国
 ◆北海道
 ◆東北
 ◆関東
 ◆中部(北陸・東海・東山)
 ◆近畿
 ◆中国
 ◆四国
 ◆九州・沖縄
★管理会計
★不正経理
★震災後の景気