トップ  >  ★倒産会社事例  >   ◆上場企業  >  山水電気

 山水電気株式会社

音響・映像機器製造・修理

かつての名門音響機器メーカー
 
東証1部上場
本社:東京都渋谷区東2−23−3
設立:昭和22年6月
資本金:53億8215万8621円
代表:室越隆社長、従業員5名
負債総額: 2億4765万円
民事再生法申請
 
2012年4月2日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請。
 
申請代理人は原口薫弁護士(原口総合法律事務所)
 
昭和19年12月、東京都渋谷区においてトランスの製造を目的に山水電気製作所として創業。
昭和22年6月山水電気(株)を設立。昭和36年12月東証2部上場、昭和45年3月東証1部上場をはたし、その間昭和37年4月にセパレート・ステレオの発売を開始、以降得意のステレオアンプ技術を活かし「SANSUI」ブランドを確立。名門ステレオメーカーとしての地歩を固め、昭和59年10月期(平成2年に決算期を12月に変更)に年商約525億円(単体)を計上した。
 
しかし、その後はオーディオブームの衰退やバブル崩壊による販売不振、さらにデジタル化の波に乗り遅れるなどして減収が続き、平成11年12月期の年商が約46億6900万円にダウン、約110億円の赤字に陥り債務超過に転落。以降も販売不振から抜け出せず音響機器製造事業を事実上撤退。音響機器の修理メンテナンスにシフトし、平成22年12月期の連結売上高が4048万円にまで減少、固定資産評価損を計上し6億7744万円の連結当期純損失を計上した。
 
継続企業の前提に関する注記が付いたまま、平成13年11月以降グランデ・グループ(香港)資本参加を受け、グループ支援の下、構造改革に取り組んできたが、平成23年5月にグランデが事実上の倒産に至り、同社グループに約54億円の不良債権が発生。平成23年9月期第3四半期連結売上高が1194万円にとどまるなか、グランデ社への貸倒引当金を特別損失に計上し、同四半期連結純損失を55億4700万円に拡大した。
 
業績不振に加えスポンサー企業の事実上の倒産により、資金支援が得られなくなったことから2012年2月末に従業員給与を含め、約2200万円の支払遅延を引き起こすなど状況は悪化。2012年3月7日には東証より管理銘柄(審査中)の指定を受けるなどで対外信用を失墜、資金調達の目処が立たないことから今回の民事再生法の適用を申請となった。

 

 東京商工リサーチより引用

 

 

Q&A100 取引先の倒産対応マニュアル
阿部 信一郎

関連商品
法律オンチが会社を滅ぼす
事実認定の手法に学ぶ 荘司雅彦の法的仮説力養成講座
法律文書作成の基本  Legal Reasoning and Legal Writing
会社法 第2版 (LEGAL QUEST)
破産法・民事再生法 第2版

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:17 平均点:4.12
前
セイレクスト
カテゴリートップ
 ◆上場企業
次
NISグループ

NEW BOOK


JAL再生―高収益企業への転換 JAL再生
―高収益企業への転換

引頭 麻実

日本経済新聞出版社  2013-01-26
売り上げランキング : 1127

Amazonで詳しく見る

経営は何をすべきか 経営は何をすべきか
ゲイリー・ハメル 有賀 裕子

ダイヤモンド社  2013-02-22
売り上げランキング : 2154

Amazonで詳しく見る

コンテンツ

TOP
★倒産法の基礎
★倒産会社事例
 ◆上場企業
 ◆全国
 ◆北海道
 ◆東北
 ◆関東
 ◆中部(北陸・東海・東山)
 ◆近畿
 ◆中国
 ◆四国
 ◆九州・沖縄
★管理会計
★不正経理
★震災後の景気