2011/7/5沖縄タイムス

沖縄県 2011/1-6 倒産45件

東京商工リサーチ沖縄支店が発表した2011年1・6月の上半期の県内企業倒産件数(1日付)は45件で、前年同期の22件から倍増した。販売不振などの不況型倒産が過去最多の71・1%となり、5年連続で半数を超えた。昨年は政府の景気対応緊急保証制度などの効果で倒産が大幅に抑えられたが、同制度で延命してきた企業の息切れが目立ってきた。政策効果は依然続いているものの、景気回復の遅れで今後、倒産はさらに増える可能性があるとしている。

 1・6月期の負債総額は51億5600万円。10億円以上の大型倒産は2年連続発生しなかったが、1億円以上の大口倒産は24件あり、前年同期比1・5倍に増加した。

 業種別では、建設業が51・1%を占め、08年以来3年ぶりに半数を超えた。次いで小売業17・8%、卸売業8・9%、サービス業8・9%など。

 一方、同日発表した6月単月の倒産件数は前月より8件少ない7件、負債総額は2億9600万円少ない9億6400万円だった。

 景気回復が進まない中、企業の経営環境は厳しさを増し、今年に入り倒産件数は増加傾向にあった。だが、政府の金融支援の浸透から6月は6カ月ぶりに前年同月比で減少に転じた。

 


 

 

Q&A100 取引先の倒産対応マニュアル
阿部 信一郎

4532314976

関連商品
法律オンチが会社を滅ぼす
事実認定の手法に学ぶ 荘司雅彦の法的仮説力養成講座
法律文書作成の基本  Legal Reasoning and Legal Writing
会社法 第2版 (LEGAL QUEST)
破産法・民事再生法 第2版