トップ  >  ★倒産会社事例  >   ◆関東  >  東京 エイチワイシステム破産

2011/07/01(金) 飲食店経営

株式会社エイチワイシステム 破産


破産手続き開始決定受ける
負債3億6000万円 


(株)エイチワイシステム(資本金1億8200万円、港区六本木3・13・12、登記=港区六本木5-16-5、代表安田久氏)は、6月21日東京地裁へ自己破産を申請していたが、6月29日に破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。

 破産管財人は相川泰男弁護士(港区虎ノ門5-1-4、電話03-5473-7395)。財産状況報告集会期日は10月3日午後1時30分。

 当社は、2006年(平成18年)4月に設立。事業理念に「47都道府県、47ブランド、47地方活性化店舗の創設」を掲げ、郷土料理をテーマとした飲食店や、店舗ごとに趣向を凝らした居酒屋を経営していた。また、代表の安田久氏はテレビ番組「マネーの虎」などに出演、「一攫千金」などの話題性の高い出版物を刊行するなど、新進気鋭の飲食店経営業者として知名度が高く、2008年3月期の年売上高には約9億6000万円を計上していた。

 しかし、近時は消費不況などの影響から各店舗共に赤字経営となっており、2011年3月期の年売上高は約8億円に落ち込んでいた。その後も店舗の売却などを行い、事業の立て直しに努めたものの業況の改善には至らず事業継続を断念、今回の措置となった。

 負債は債権者約200名に対し約3億6000万円。

 


 

 

Q&A100 取引先の倒産対応マニュアル
阿部 信一郎

4532314976

関連商品
法律オンチが会社を滅ぼす
事実認定の手法に学ぶ 荘司雅彦の法的仮説力養成講座
法律文書作成の基本  Legal Reasoning and Legal Writing
会社法 第2版 (LEGAL QUEST)
破産法・民事再生法 第2版

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:14 平均点:3.57
カテゴリートップ
 ◆関東
次
千葉県 吉中商事

NEW BOOK


JAL再生―高収益企業への転換 JAL再生
―高収益企業への転換

引頭 麻実

日本経済新聞出版社  2013-01-26
売り上げランキング : 1127

Amazonで詳しく見る

経営は何をすべきか 経営は何をすべきか
ゲイリー・ハメル 有賀 裕子

ダイヤモンド社  2013-02-22
売り上げランキング : 2154

Amazonで詳しく見る

コンテンツ

TOP
★倒産法の基礎
★倒産会社事例
 ◆上場企業
 ◆全国
 ◆北海道
 ◆東北
 ◆関東
 ◆中部(北陸・東海・東山)
 ◆近畿
 ◆中国
 ◆四国
 ◆九州・沖縄
★管理会計
★不正経理
★震災後の景気