トップ  >  ★倒産法の基礎  >  なぜ倒産処理が必要か?
倒産法

なぜ倒産処理が必要か?

  

もし倒産がそのまま放置されていたら?

「倒産」が、そのまま放置され適切な処理がされていなかったら、どうなるでしょう?

倒産した個人や法人、関係する債権者・債務者・株主・利害関係者などから混乱が生じ、社会秩序が脅かされ、社会的混乱を招く問題になりかねません。

大きな倒産であれば、ついには、国家の根本を揺るがす事態になる恐れまであります。
 

 そのような事態を避けるため、

国は「倒産」に対するいくつかの法制度を用意し、倒産の処理、手続き、利害の調整の基準とする法律を定めています。
 
 

倒産の法律

・民事再生手続(民事再生法)
・会社更生手続(会社更生法)
・破産手続(破産法)
・特別清算手続(会社法)

これらを総称して倒産法といいます。

裁判所が関与する手続きで、法的倒産処理もしくは、法的整理といいます。

 


Q&A100 取引先の倒産対応マニュアル

阿部 信一郎

関連商品
法律オンチが会社を滅ぼす
事実認定の手法に学ぶ 荘司雅彦の法的仮説力養成講座
法律文書作成の基本  Legal Reasoning and Legal Writing
会社法 第2版 (LEGAL QUEST)
破産法・民事再生法 第2版

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:18 平均点:5.00
前
倒産とは?
カテゴリートップ
★倒産法の基礎
次
倒産処理手続き

NEW BOOK


JAL再生―高収益企業への転換 JAL再生
―高収益企業への転換

引頭 麻実

日本経済新聞出版社  2013-01-26
売り上げランキング : 1127

Amazonで詳しく見る

経営は何をすべきか 経営は何をすべきか
ゲイリー・ハメル 有賀 裕子

ダイヤモンド社  2013-02-22
売り上げランキング : 2154

Amazonで詳しく見る

コンテンツ

TOP
★倒産法の基礎
★倒産会社事例
 ◆上場企業
 ◆全国
 ◆北海道
 ◆東北
 ◆関東
 ◆中部(北陸・東海・東山)
 ◆近畿
 ◆中国
 ◆四国
 ◆九州・沖縄
★管理会計
★不正経理
★震災後の景気